体を壊すよりは転職したほうが良い

体を壊すよりは転職したほうが良い


「転職・・・体を壊すよりは転職したほうが良い」・・・わたしは以前、国家公務員でした。

何事もなく順調に仕事をしていたのですが、あるとき、「管理課」という部署へ配属になりました。

それと同時に係長へと昇進しました。

わたしも、わたしの家族も大変喜んだのですが、わたしが配属された管理課という部署は、課員がわたしひとりという部署でした。

ところが、課員がわたしひとりなのにもかかわらず、仕事が大変忙しかったのです。

毎日わたしだけ朝の06:00出社です。

そして、日中はほかの部課の「管理」していましたが、この管理という仕事がまた、大変で、日中はまるで自分の仕事ができません。

自分の仕事はみんなが退社したあとしかできないのです。

帰りはいつも深夜の2時とか3時でした。

睡眠時間は平均して3時間です。

わたしはとても仕事を続けてい自信がなく、転職を考えるようになりました。

自分の体を壊してまでやることはないと思ったからです。

そして転職雑誌を片手にハローワークを訪れました。

転職サイトで正社員の事務職へ

関連記事


AX